「桃太郎電鉄」ゲームライターさくまあきら氏が入院 誤嚥性肺炎、夫人が「ひとまず安心」と報告

(出典:日刊スポーツ)

さくまあきら
さくまあきら(本名:佐久間 晃(読み同じ)、1952年7月29日 - )は、東京都杉並区出身のゲームライター・作家。血液型はA型。
東京都立武蔵丘高等学校から1年浪人。立教大学経済学部、劇画村塾出身。小池一夫曰く「自分の一番弟子」。自身が中学生のときから強い影響を受けたという作曲家のすぎやまこう
49キロバイト (7,568 語) - 2022年5月26日 (木) 13:12


(出典 桃太郎電鉄シリーズのおすすめ10選。過去の人気作品から新作までご紹介)

【乱数の使い手】桃太郎電鉄シリーズ生みの親『さくまあきら』さんのここがスゴい! - YouTube

(出典 Youtube)

(出典 【ゲーム】「桃太郎電鉄」ゲームライターさくまあきら氏が入院 誤嚥性肺炎、夫人が「ひとまず安心」と報告 [muffin★])

1 muffin ★ :2022/05/27(金) 12:22:08.13 https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202205270000266.html
2022年5月27日10時55分

「桃太郎電鉄」シリーズなどを手がけたゲームライターさくまあきら氏(69)が、誤嚥(ごえん)性肺炎のため入院したことが、27日までにわかった。


さくま氏は26日にツイッターで「にゆういんちゆう、」と報告。妻の佐久間真理子さんはその前日に「【ご報告】さくまが誤嚥性肺炎で入院しました」とツイートし、「早い段階で7119に連絡したので、熱も上がる前に病院で手当をしてもらえました」と救急相談センターに連絡したことを明かした。「意識もちゃんとあるし、受け答えも出来ています」とした上で、コロナ禍のため、面会できていないことを報告。「個別にお返事できませんが、とりあえず治療に専念しています」と説明していた。真理子さんはその後、「いま、さくまから電話が来ました!ちゃんと声が出ていました。ひとまず安心です。みなさん、ありがとうございます」と、夫と連絡が取れたことも記している。


さくまさんは2019年1月、京都で会食中に具合が悪くなり救急搬送され、亜急性心筋梗塞のため一時は集中治療室に入っていたことなどを報告。最近もリハビリを続けている様子などを明かしている。


(出典 【ゲーム】「桃太郎電鉄」ゲームライターさくまあきら氏が入院 誤嚥性肺炎、夫人が「ひとまず安心」と報告 [muffin★])

続きを読む

▶続きはこちら