(出典 police.pref.toyama.jp)

(出典 【通行帯違反】追越車線「1.5km」走行でパトカーに捕まり青切符・罰金 「2kmまでOK」の都市伝説を信じた理不尽)

1 サーバル ★ :2019/08/25(日) 14:54:23.97 追い越し車線「2kmまでOK」は都市伝説?  2km以下でも捕まるクルマ、続々
8/25(日) 6:00配信
AUTOCAR JAPAN

追い越し車線2kmまで走っていいは間違い

追い越し車線「2kmまでOK」は都市伝説?  2km以下でも捕まるクルマ、続々
「補足欄」には追い越し車線「約1.5km通行」の文字。

text:Kumiko Kato(加藤久美子)

あおり運転の誘因として注目を集めている「追い越し車線を走り続ける行為」

追い越し車線は本来、追い越しのためだけに使う車線で、追い越しを終えたら(もちろん安全確認をして)速やかに走行車線に戻らなくてはならない。


正当な理由なく追い越し車線を走り続けることは、「通行帯違反」という交通違反を*ていることになる。


30数年前に自動車免許を取得して以来、ずっと「追い越し車線はおおむね2kmまでなら走ってもいい」と思っていた。かなり遠い記憶だが、自動車学校でそう習ったからだ。


しかし、3年近く前、新東名高速道路を西向きに走行中、沼津近辺で青切符を切られたのは「通行帯違反」が理由だった。


確かにその時は追い越し車線を走っていたが、後続車に追いつかれたわけでもなく、そろそろ走行車線に戻ろうと思っていた。まさにその瞬間、どこからともなく現れたパトカーの赤灯が視界に入って来た。


そして、停止を求められたのだ。


わたしを停めた警察官の一言は、「ちょっと速かったですねえ」。速度違反をしたときのお決まりの一言である。


しかし、そのあと予想外の言葉が続いた。


「追い越し車線を走り続けたら違反になるのは知っていましたか」

「え? はい。(それは知っている。2km以上走ったらダメなのだ)」

(え? 追い越し車線2kmも走ったっけ?)と心の中で思いながらも署名をした。しかし、後日、「補足欄」を良く見たら、なんと「約1.5km通行」と書いてある!

え? 1.5kmでも捕まる? 2kmじゃないの?

実はその時は、気が動転していて、補足欄を確認することを忘れていたのだ。


静岡県警と自動車教習所に確認してみた

追い越し車線「2kmまでOK」は都市伝説?  2km以下でも捕まるクルマ、続々
教習所では「追い越し車線は2kmまで走っていい」
ネットで色々調べてみたら、同じように通行帯違反で捕まったひとたちがSNSに「1km走行でも捕まった」「1.5kmで捕まった」などと書いている。


そこで、静岡県警に聞いてみたところ……。


「追い越し車線はおおむね2kmまで走っていいと教習所で習ったのですが、違うんでしょうか?」

「2kmと言う規定はありません。追い越しが終わったら、速やかに走行車線に戻ってください。追い越し車線は、追い越しのためにだけ使われる車線です」

今日まで、「追い越し車線は2kmまで走っていい」と信じていたのに。なんで?

確かに教習所で習ったはず。でもそれも30年も前の話だからもしかして、最近は違うのかも? と思い、今度は神奈川県内、東京都内
の自動車教習所4か所に聞いてみた。


「追い越し車線は何kmまで走っていいのでしょうか?」

「おおむね2kmですね」「だいたい2km以内で走行車線に戻るよう学科教習で教えています」「追い越しをして、走行車線に安全に戻るために必要な距離ということで約2kmと教えています」

などなど!ざっくりまとめると、4か所すべて「追い越し車線は2kmまで走ってもいい」との答えだった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190825-00403632-autocar-ind

(出典 amd.c.yimg.jp)

(出典 【通行帯違反】追越車線「1.5km」走行でパトカーに捕まり青切符・罰金 「2kmまでOK」の都市伝説を信じた理不尽)

続きを読む

▶続きはこちら